女性に人気のボトックスというプチ整形

ボットクスという言葉をもうすでに何度も使いました。でも、アメリカのアラガン社の商標登録がボトックスです。
米国アラガン社はこの件について、自社の製品に関しては、すでにそのような安全性の情報は医療のための添付文書に反映されていて、安全かつ適正な使用に向けた現在の情報提供に反映をされてると反論をしてます。
また、現時点でボトックス(A型毒素)およびマイオブロック(B型毒素) のみがFDAの承認を受けてるボツリヌス毒素製剤であり、この2製品については、FDAは責任を持って製品の品質および副作用等の監視をしていて、いっさいアラガン社のボトックス以外の製品につきましては、 責任を持っておらず、副作用の監視、品質の保障等は行っていません。余談ですが副作用報告システムも存在してないと述べています。

 

ボツリヌス菌毒素による注射(ボトックス、マイオブロック)で米国パブリック・シティズン(消費者団体)が、死亡例が出ているので添付文書を改訂し、医師等に警告を出すよう、FDAへの要請が提出された、とのニュースが報道をされた事があります。

 

いちはやくFDA(米国食品医薬品局)の認可をボトックスは受け、""ボトックス""とボツリヌストキシン(ボツリヌス毒素)製剤は呼ばれるようになりました。そして、広範囲なしわ治療などのプチ整形に広く使われるようになりました。
だが、ボトックスと呼べるのは、あくまで米国アラガン社のボツリヌストキシン製剤だけです。それはつまり登録商標なので。

 

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の治療用にアメリカのアラガン社は、ボツリヌストキシン(ボツリヌス毒素)をうんと弱めて定量化したボトックスを商品化しました。そして、社内に数多くの動物実験のデータと臨床データを保有しています。
ボトックスという商品名をアラガン社以外のメーカーは使うことはできません。